消費者金融と総量規制

平成22年6月から総量規制が大々的に施行されたわけですが、どのようなものであるのかまだなんとなくしかわかっていない方もいるのではないでしょうか?
総量規制とは、自己破産者や自殺者を防ぐ為に設けられたもので、年収の3分の1までしか融資してもらえないと言う決まりです。
つまり、年収が300万円の方は100万円までしか借入出来ないという事になるので、申し込む際には注意が必要です。(->総量規制を意識してキャッシングする
この規制の対象となっているのは、消費者金融とクレジットカード会社になりますから、普段からクレジットを利用していて返済が遅れてしまっている方などは、消費者金融から借入する際どのくらい借入できるのか確認が重要。


消費者金融一か所だけじゃないの?

一つの金融会社での決まりでしょ?と思った方・・・一か所だけではなく全て合計されるのです!
例えば、A社で5万円借りてB社で10万円、C社で10万円借りたら全て合計されて25万円という事になり、年収が300万円の方の場合100万円までしか融資してもらえないため、残り75万円借入可能という事になるのです。
もちろん、きちんと返済をすれば再び100万円という利用可能額内で何度も借入が出来ます。


銀行でも同じですか?

それなら銀行はどうなのか・・・銀行は総量規制の対象外となっているため、自分の年収に見合った金額を融資してもらえます。
消費者金融と比較すれば銀行の方がまだ自由に借入が出来るという事になりますが、ルーズな方はやめておいた方が良さそうです。
総量規制は見直しが必要と言われているので、消費者金融と銀行のどちらが自分に合っているのかよく比較してからお申し込みを。