融資限度額の高い消費者金融&銀行カードローン

カードローン商品には「融資限度額」が設けられており、融資限度額はその商品を利用して借りることが出来るお金の上限を示す値となっています。また融資限度額は最初から限度額いっぱい借りられるわけではなく、計画的な利用と返済を繰り返す事で高い信用を得た上で段階的に借りられる額が増えていきます。そういった意味では少しでも大口の融資を希望する場合限度額の高い商品を利用していたほうが利用可能額も目標額に到達するのも早いのではないでしょうか。


融資限度額で消費者金融と銀行を比較する

融資限度額で比べた場合やはり預金業務を本業とし資金プールを有する銀行系商品のほうが限度額は高い傾向にあります。(->消費者金融を徹底研究-『消費者金融比較ラボ』)消費者金融が個人相手に800万や1,000万といった大金を貸すのは難しく、また消費者金融自体がそれほどの高額を融資できる現金を常に持っているわけではないので最悪融資にあたり消費者金融が銀行から借金をするような事態になります。そうなると消費者金融としてはあまり旨みがなく現状消費者金融の限度額は低め、高くても500万円程度に収まるよう設定されています。また消費者金融では融資限度額とは別に「総量規制」という問題があります。「総量規制法」は金融業者が利用者年収の1/3を超える金額の融資を行うのを制限する法律です。例えば年収300万円の人に貸し付けられるのは100万円が限界であり、たとえ限度額が500万の商品であっても年収300万円の人に貸し出せる金額の上限は100万円となります。ただしこの法律は消費者金融や信販会社にこそ適用されるものの銀行は対象外となっている為、銀行系カードローンは総量規制による制限を受けません。そのことからも銀行系商品のほうがその高い限度額を発揮しやすく限度額的な意味で言えば余裕のある商品となっています。


融資限度額の高い商品

融資限度額が高く比較的早い段階で大口融資が可能になる商品といえば以下をあげることができます。

みずほ銀行カードローン
個人に対する貸付金額としては業界最高水準である1,000万円を融資限度額とする超高限度額の銀行系カードローンになります。また最低金利差以降金利共に低く借り換えやおまとめローンにも適しています。
限度額 1,000万円 総量規制 対象外

みずほ銀行カードローン-468×60-20140611

 

三井住友銀行カードローン
最高800万円という高い限度額が魅力的な他、低最低金利低最高金利で尚且つ即日融資も対応可能、さらに最高300万円までは所得証明不要と限度額以外のスペックがいずれも高水準でまとまっている銀行系カードローンです。
限度額 800万円 総量規制 対象外

三井住友銀行-468×60-20140611

 

りそな銀行カードローン
800万という高い限度額に加え低い最低金利、そして業界トップクラスのずば抜けて低い最高金利を兼ね備えた融資から完済まで長く利用していける銀行カードローンです。ただし年収400万円以上という申し込み条件がネックか。
限度額 800万円 総量規制 対象外

りそな銀行-468×60-20140611

->無利息期間のある消費者金融&銀行カードローン