総量規制を意識してキャッシングする

平成18年12月に貸金業法改正されまして、段階的に実施されて平成22年6月18日に完全施行となったのです。以前の消費者金融の金利は29%と言う非常に高金利なもので、多くの方が返済することが出来ずに自己破産などをしてしまう方の後が絶ちませんでした。バブルが崩壊し返済できずに自己破産をしてしまう事が多かったため、総量規制というものが施行されることになったわけです。

現在では、金利は高くても20%までとされておりますから、そこまで大きな負担がありませんので毎月の返済もしやすくなっているのです。消費者金融とクレジットカードは総量規制に当てはまるものとなっておりますので、キャッシングする際には利用限度額に十分注意する必要があります。(->消費者金融を徹底研究-『消費者金融比較ラボ』)総量規制とは、年収の3分の1までしか借入が出来ませんよ、という制限の事なので利用できる限度額と言うのは個人差があります。例えば、年収が300万円の方でしたらどんなに多くても100万円までしかキャッシングが出来ないと言う事なのです。

なぜ3分の1と決まっているのかと言いますと、返済が難しくなってしまうと言われているラインが3分の1だからだそうです。そのため、アルバイトをしている方や主婦の方ですと収入が低いので、その分キャッシングできる金額も低くなってしまうと言うわけなのです。消費者金融は即日融資や即日審査があるので非常に魅力的ではありますが、総量規制がありますので収入の低い方は銀行に申し込みをした方が使いやすいかもしれませんね。


銀行からもキャッシングしているけれど・・・

すでに銀行を利用していて年収の3分の1を超える借入をしている場合はどうなると思いますか?規制を超えてしまっているのだから、消費者金融に申し込みをして審査に落とされてしまうだろうと思った方もいるでしょうけれども、実は関係ないのです。3分の1以上借入をしてしまっていたとしても、消費者金融から融資を受けることが出来ます。総量規制と言うのは、事業者金融や消費者金融、信販会社といういわゆる貸金業者のみ対象とされている事ですので、銀行からの融資は対象外になるのです。ですから、銀行から借入をしたい場合規制に関係なくご自分の収入に相応しい範囲内での借入が行えるようになっているため、使いやすくなっています。

しかし、審査を行う際に信用情報を確認しますから場合によっては借入することが出来ないケースもありますのでご注意下さい。総量規制の対象とされていてもカードローンやキャッシングが該当しているのであり、おまとめローンや住宅ローンは規制対象外となっているため、安心して申し込むことが出来るので助かります。ただ、何社からも借入を行なっている方は規制に引っ掛かってしまわぬよう、上手に計画を立てながら利用なさるようにしていただければと思います。常日頃きちんと返済している方であれば特に問題はないと思いますから、そのまま継続してご利用いただけます。 銀行なら大丈夫!

主婦は利用出来ませんか?

学生やアルバイトの方でも申し込みが出来るようになっていますが、主婦の場合はどうなのか気になっている方も多いかと思います。普段パートなどをして収入を得ている主婦の方でしたら問題なく消費者金融へ申し込めるようになっておりますので、利用することが出来ます。ですが、家事をこなして家で過ごしている専業主婦の方の場合ですと少し変わってきて、申し込みが不可となってしまっているのです。主婦はいいのにどうして専業主婦はダメなの?と思った方もいるでしょうけれども、そこにも実は総量規制が大きく関係してきているのです。

専業主婦は家事を行ない働いていないため稼ぎがありませんから、消費者金融への申し込みが出来なくなっています。収入が無い方は返済能力がないと判断されて、借入が出来ないようになってしまったのです。しかし、銀行は上記でも申し上げました通り総量規制対象外ですから、専業主婦の方でも申し込めるようになっているのです。申し込みの際には、配偶者の同意書と配偶者との夫婦関係を証明できる書類を提出することで、配偶者の年収の3分の1以下の借入が可能になります。そのため、もし専業主婦の方が借入をしたい場合は銀行へ、パートをされている主婦であれば消費者金融へ!

->キャッシングの返済義務は誰に生じるのか?