キャッシングの返済義務は誰に生じるのか?

金融会社から借入をしたら必ず返済をしなければなりませんが、皆さんはきちんと返済して完済することが出来ていますでしょうか?返済日に返済している方もいれば少し繰上げて返済している方もいるのではないかと思うのですが、中には返済日に返済できずに遅らせているなんて言う方もいるそうです。

消費者金融では返済日を変更することが可能ですので、ご自分の都合に合わせて変更してスムーズに済ませてしまうと言う方法もあります。普段は返済日に返済を行ない、余裕のある時には少し多めに返済したり繰上げて返済していく方が効率的かもしれません。キャッシングをする前に返済の事を考えるようにした方が後々困ることも無いので、一度考えてみるようにしてはいかがでしょうか。(->消費者金融を徹底研究-『消費者金融比較ラボ』)消費者金融の公式サイトには返済シミュレーションが導入されておりますので、ぜひ活用して借入金額を決めてみて下さい。また、返済義務が生じるのは契約をした本人と連帯保証人となっていますから、ぜひ頭に中に入れておいていただけましたら幸いです。


代わりに返済を行なう必要はない?

ご自分がキャッシングをしたら本人が返済をしなければなりませんが、もしも配偶者やご家族が借入をしていて返済を代わりにしてほしいと言われたり、借りた本人が行方をくらましてしまった場合はどうすれば良いのか。上記でお話した通り、あくまでも返済義務が生じるのは契約した本人と保証人のみですから第三者が代わりに返済する義務はないのです。勝手に保証人にされていた場合には専門家に相談して手続きを行う必要がありますが、そう言ったことが無い限りでしたら支払い義務はないので無視して構いません。よく親の借金だから、夫婦だからと言って代わりに返済している方が見られますがその必要は全くないと言うわけですので、しっかり覚えておきましょう。

ご自分のキャッシングカードを子供や配偶者、ご家族が勝手に利用してキャッシングしてしまった場合は残念ながらご自分に返済義務が生じることになります。だからこそ、カードは常にご自分で持ち歩くようにした方が良いと言えますね。他にも勝手に自分の名義で契約されてしまって、消費者金融からキャッシングをして請求が自宅に来てしまったというケースも報告されています。実は、近年こういった問題が多発しておりますので消費者金融を利用している方は、十分カードの取り扱いや個人情報の取り扱いなどに注意しましょう。 カードの扱いには注意しましょう

返済が遅れてしまいそうだったら?

返済をするにあたって給料日が遅れてしまう、今月は使い過ぎてしまって返済日に支払う事が難しい、なんていう事もあるのではないでしょうか。一番の理想は返済日をしっかり考えて金銭管理することなのですが、うっかりしてとか他にどうしても優先しなければならない事があった場合は仕方がありません。しかし、返済が遅れてしまいそうだからと言ってそのまま放置しておくと、消費者金融側のあなたに対する信用をなくしてしまう事になります。一度信用を失ってしまいますと回復させるまでには相当な時間を費やすことになってしまいますから、必ず担当者へ一本連絡を入れるようにしましょう。なぜ返済することが出来ないのか正直に話すことで、返済日を遅らせてもらえたり返済を少しの間待ってもらえたりする事も可能となっている場所が多くなっています。

一番良くないのは、そのままにしてしまうことです。返済することが難しいと分かった時点で速やかに連絡を入れておく方が、金融側としても助かりますから連絡を入れるようにしましょう。あまりにも返済状況が悪くなってしまいますと、利用限度額が減額されてしまう事もありますのでご注意を。